心と身体の異変に気付くために|うつ病のセルフチェックをしよう

女の人

うつ状態の種類

ドクター

人によって症状は様々

体が不調で、病院で検査をしても原因がわからない場合はうつ病の可能性もあります。自己チェックを行い、該当が多い時は心療内科もしく精神科の診察を受けるべきです。物事に興味を持てないまたは楽しめない、もしくは気分が落ち込み憂鬱な気分が続く、寝付きが悪い、頻繁に目が覚める。または食欲が不安定になり、集中力が出ない、自分は駄目な人間だと思うことが多くなるなどの状態が2週間続けば注意してください。チェック項目は代表的な症状になります。しかし、症状は多岐にわたり、症状別で様々な種類があります。一つ目は大うつ病性障害になります。一般的に言われるうつ病のことをさします。始めにあげたチェック項目どおりの症状がおきます。二つ目は双極性障害になります。はじめの大うつ病性障害は気分が落ち込む一方で専門の治療を受けなければ自殺につながります。対して双極性障害は、落ち込む時もあれば常軌を逸した状態で気分が盛り上がり、色々な仕事に手を出し仕上げることができなかったり、大量に物を買い込み支払いが出来なくなったりして生活能力がなくす症状が発生します。三つ目は非定型うつ病になります。一般的な大うつ病性障害のように睡眠や食欲、集中力の欠如で見られません。代わりに疲労感を訴えます。日常生活は支障もなくこなせるのに仕事になると疲労感を訴え集中することができなくなります。そのために、ただ怠けているだけと周囲から見られ、さらに症状が悪化すると言う悪循環に陥ります。次は仮面うつ病になります。初期は気分が落ち込むとか集中力がなくなるなどの症状は出ません。肩こりや頭痛がひどく病院に行くが異常がないため、不定愁訴として診断されます。女性の場合は自立神経失調症や更年期障害などと診断されます。そして、適切な治療を受けないまま時を経て、重症化した時点で気分の落ち込みや集中力の欠如などの症状が出て始めて自覚されます。すぐに見つからないため仮面うつ病と言われます。最後に季節性うつ病について説明します。季節の変わり目や10月から2月までの時期に症状が発症し、春とともに嘘のように症状が消えると言う病気になります。季節限定のため、自覚されないまま過ごしている方がほとんどです。ただ、重症化すると日常生活に支障をきたすので、はじめのうつ病のチェックに該当する場合は精神科や心療内科を受診すべきです。