心と身体の異変に気付くために|うつ病のセルフチェックをしよう

女の人

保険適用となる

看護師

通院にかかる期間による

うつ病かもしれないと感じたら、インターネット上に載っているうつびょうのチェックシートなどを使ってみましょう。項目チェックの数に当てはまるものが多いと、うつ病の可能性が高いと言えます。少しでも疑いがあるのならそのままにせず、確認した方が無難です。この場合、精神科や心療内科を受診することになります。もちろん、チェック数が多かったからといって必ずしもうつ病だとは言えません。あくまでも可能性であり、参考までに活用するだけのこととなります。きちんと診断してもらうためには、医師の力が必要です。また、チェックをしてみて特に当てはまらなくても、実はうつ病だったという人も居ます。少しでも気になる症状が出ているのなら、とりあえず病院を訪れてみた方がいいかもしれません。こうして、チェックシートを参考に精神科や心療内科を受診し、うつ病だと診断された場合には早急に治療が始まります。当然、どんな病気でも早期発見による早期治療なら完治も難しくありません。早急に完治へと導くことができます。ところが、うつ病は人によって症状も異なり、完治までに時間がかかることもあるため、治療費がかさんでしまうことも考えられます。まず、どのくらいの費用がかかるのか調べてみましょう。診療代は保険適用となるので、他の通院と同じです。それに加えて薬代がかかります。通常、うつ病の治療には薬が用いられるからです。その量は人によって異なり、当然、症状が重ければ重いほど、薬の量も増えてしまいます。治療が続き、症状が緩和されてきたら、そのうち薬いらずとなってくるはずです。そのため、長い人では通院が何年にも及ぶことがあります。通う病院が自宅から遠いと交通費もかかるので、その点も考えておきましょう。うつ病の完治には時間がかかると踏まえて、できるだけ費用がかからないように自宅付近の精神科や心療内科を探すといいかもしれません。それから、完治しても再発することがあります。長い目で見てみることが大切です。定期的に通えるように、信頼できる医師を探しましょう。