心と身体の異変に気付くために|うつ病のセルフチェックをしよう

女の人

自己でも目安となる

レディ

早期治療に繋がる

典型的な症状を発症していること、その症状が他の精神疾患によるものではないことなど、いくつかの基準を全て満たしているものをうつ病としています。抑うつをもたらす心の病気は、うつ病だけではなく、原因となる病気によって治療法も異なるので、まずはうつかどうかを見極めるチェックが何より重要です。うつ病の抑うつ気分はほとんど毎日、しかも1日中続く特徴があり、社会生活や日常生活に支障を来すほどに重たい気分に見舞われるのも特徴です。ツラい状況が続く場合でも、四六時中落ち込んでいる訳ではなく、大半は時間が解決してくれますが、一方のうつ病がもたらす抑うつは、時間とは関連づけられない特徴を持ちます。うつ病チェックシートに当てはまるだけでは診断できない場合もあるため、医療機関ではその他にも問診や検査が行われ、他の精神疾患の可能性が否定できて、うつ病と診断します。正常な範囲の気分の落ち込みに関して、医学的にはうつと呼び、区別されていますが、うつ病の抑うつ気分を比べると、質的差が無いとも言われています。健康な人のうつ状態との違いをチェックするには、決まった変化が見られず、気晴らしで気分が晴れる、日常生活や社会生活もなんとかこなせるようならば、正常な範囲のうつ状態です。また、うつ病に対する認知度が高まったことで、医療機関を受診する人が増えたこともあって、早期発見が早期治療へと繋がっています。決して特別な病気ではなく、日頃から心身が発するサインを見逃さないようにすることが大切で、うつ状態に陥っていないかを知る目安シートを掲示する医療機関もあります。さらに、うつ病の症状には大きく分けて、精神症状と身体症状の2つがありますが、このうち、憂鬱感などの精神的な変調が目立たず、身体症状の方が目立つこともあります。精神科や心療内科では、仮面うつ病と診断されていますが、チェックすべきは、不眠や全身の倦怠感、食欲不振による痩身などが強く現れるかどうかです。こうした目安がつくことで、遠回りにならない治療や回復へと医師が支えになり、患者も気持ちを含めて邁進できる考えです。