不動産投資信託をしよう|資産を増やすテクニック

男女

守る意識を持とう

マンション

投資用マンションはインフレーションに強い資産として認識されています。また、インフレーション時にローンを組んでいれば、ローンの実質的価値は下がります。そのため、インフレーション時にローンを組んで投資用マンションを買えば、二重の恩恵を受けることができます。

賢い不動産投資

空室

近頃は低金利の影響もあり、不動産投資をする人が増えています。そして、特に知識や経験が乏しい初心者オーナーは、賃貸の管理会社とサブリース契約を結ぶことにより、空室のリスクを回避する事ができる為、安心して不動産投資をすることができます。

管理は委託するのが常識

部屋

不動産投資目的で、マンションやアパートを所有している場合、それらの物件の賃貸管理業務は賃貸管理を専門に行っている業者に委託するのが一般的です。委託費用として、家賃の5%前後の費用がかかりますが、わずらわしい管理業務から解放されるため、得られるメリットは大きいと言えます。

ホテル系に注目です

お金と家

上場不動産投資信託の投資口価格が落ち着いてきました。一時期は、どの銘柄も投資口価格がかなり上昇してしまい、利回りに魅力が乏しくなってきましたが、利益確定売りなどに押されて、再び、魅力のある分配金利回りとなってきています。現在では、分配金利回りが高いものであれば8%を超える銘柄もあります。上場不動産投資信託は銘柄ごとに、保有している収益物件の種類が異なります。オフィスビルやマンションなどに投資しているものが多いですが、中には物流施設や商業施設に投資をしているものもあります。今後、再び脚光を浴びる可能性がある銘柄はホテル系の上場不動産投資信託です。現在、ホテルが次々に建設されており、飽和状態になってしまうのではないかと考えている投資家も多いです。そのため、ホテル系の上場不動産投資信託はここ数ヶ月は軟調な動きを見せています。しかし、外国人旅行客は今後も増加すると予想されています。また、現在進行しているカジノ構想が実現し、各地に巨大なカジノが完成すれば、宿泊需要はさらに増えます。ホテル系の上場不動産投資信託は、現在、5銘柄が上場されています。ビジネスホテルを中心に運用しているものもあれば、高級旅館を保有しているものもあります。また、温泉旅館に特化して投資をしているユニークな銘柄もあります。投資口価格は安いものであれば数万円、高いものでも100万円程度です。資産運用の初心者でも手の届く金融商品と言えます。