心と身体の異変に気付くために|うつ病のセルフチェックをしよう

苦しまないで、話してみませんか?
レディ

自己でも目安となる

うつ病のチェックは、専門科でも取り入れられていますが、検査の結果、異常なしと放置されないためにも、まずは自己チェックで、自分がどの程度のうつ状態なのかを知ることが大事です。その目安となるシートやテストなども医療機関で取り扱われています。

ハートと聴診器

見逃さない為のサイン

自分の心がどのような状態であるのかを知ることは、うつ病などのストレス障害を未然に防いだり、早期発見するのに非常に役立ちます。心の状態がおかしいと感じたら、まず自己チェックでストレス度をはかることが大事です。

異変に気づいたら専門家へ

カウンセリング

治療が必要です

日本人の100人に1人以上が患っているとも言われるうつ病ですが、実際に精神科で治療を受けている患者数は非常に少ないのが現状です。あまりにも一般的で「放っておけば治る」と考える人もいますが、うつ病を放置しておくと社会生活だけでなく、日常生活にも支障をきたします。日頃から症状のチェックを怠らず、怪しいと感じたらすぐに精神科に相談することが大切です。まずは身体の異常がないかのチェックをすることで、うつ病の危険性を把握することができます。最も現れやすい身体の異常は「睡眠障害」で、寝つきが悪くなったり夜中に何度も起きてしまったりする症状です。また、いつもと比べて食欲や性欲に差はないか、そして女性であれば月経は正常化もチェックしてみましょう。うつ病は心の病ですが、数多くの身体の異変が起こることも特徴的で、その特徴を生かして前兆に気づくことができます。心の症状として、まずは午前中の気分が落ち込んでいないかをチェックしてみましょう。一般的なうつ病では、朝方から昼にかけて「抑うつ状態」と言われる気分が落ち込んだ状態が現れます。逆に言うと、昼過ぎから夜にかけては気分の落ち込みが目立たないことも判断基準に入れることができます。さらに、普段は仲の良い家族や友人との会話をすることを面倒に感じたり、趣味などの好きなことに対しても意欲がわかなかったりすることはないかチェックしましょう。身体の症状と併せてこのような心の症状がみられたら、うつ病の可能性が非常に高いです。うつ病を放置しておくと、その症状は日に日に重くなってしまいます。患者の中には、抑うつ状態がずっと続き、ベッドから起きることさえできない状態の人さえいるほどです。また、身体の症状が重くなると「うつ病」という根本的な原因が見過ごされ、身体の症状の改善ばかりが優先されてしまう可能性もあります。少しでも怪しいと感じたら、すぐに精神科で相談し適切な治療を行うことで早期改善を図ることができます。日頃からうつ病の症状を定期的にチェックする習慣をつけておきましょう。

メンズ

症状をしっかり確認

うつ病であるのかチェックしたくとも、意外にも気付かないケースでは、誤解から違うジャンルの診療科を受診してしまいます。早期治療が大事で、特に増えている女性の軽度の症状には、同じ痛みや苦しみを共感できる医師探しが大事です。

看護師

保険適用となる

ネット上のうつ病かどうかをチェックするサイトを活用してその可能性が高かった場合、早急に精神科や心療内科を受診しましょう。うつ病だと診断されると即治療になります。治療費は保険適用なので他の通院代と同じですが、治療が長期に渡ることもあります。

ドクター

うつ状態の種類

絶望的に気分が落ち込むとか睡眠が安定しない、集中力が出ないなど代表的な症状が2週間続けば、うつ病の可能性があるので、精神科か心療内科などの専門の医療機関を診察すべきです。ただ、うつ病も症状によって様々な種類があり医師のチェックが必要です。